初恋とレモンティー

いつのことだったか忘れたけど、新しい恋っていつも新鮮な気持ちで、物事の全てをきちんと丁寧にやろうっていう気持ちにさせてくれる。

 

今日はデートじゃないけどおでかけ!

 

f:id:tmngsk130:20170816124327j:image

 

雨だけど久しぶりのミニシアターに気分がグッと上がる。

早めに行って、お気に入りの喫茶店でとっておきのレモンティーを飲んでるいま〜〜至福。

 

雨があがったらスイッチ入れよっと

 

gogoheaven

仕事でやらかすとスピードのこれが頭で鳴り止まない...なんでだろう、、、

 

年に一度どうしようもなくなる期間があるんだけど、今がまさしくそうだ...

そんな時の対処法はようもないのに実家に帰って実家の匂いに包まれながら実家のふとんで寝ること。

 

やっぱ最高の場所だな〜〜。

田舎すぎるけどやっぱり好き。

 

今は彼氏の弟もわたしの地元に住んでいる。

 

時々、これはなんの因果なんだろう...って考えちゃうくらいの偶然の縁がある。

わたしの会社も元々初めて知ったのは、グループ会社がバーミヤンの先輩の第一志望だったから。

なんとなく社名を覚えてたんだよな〜〜。不思議。

説明会行ったら、全てが繋がってなんとなく縁を感じたんだよね。

 

大学時代に通ってた編プロのバイトも、思えば今住んでるところの沿線だったり...

今の会社は縁があったとしか思えない。

なんの才能もないわたしがこんな会社に受かるなんて誰も思っていなかっただろうし。

 

だから何があっても一生懸命頑張るしかないんだ。

先輩に恩返しをしなきゃね。

 

中学の時のコーチは、卒業する時にこう書いてくれた。

 

「追いつき、追い越せ」

 

素敵な言葉だなぁ〜〜

もう10年くらい前だけど、印象的で憶えてる。

わたしも先輩に追いつくところから。追いついたって思える自信がついたらそっからはもう勢いで追い越すしかないんだ。

 

何事も勝負しないと楽しくないよね。

わたしはなんだかんだ負けず嫌いで、承認欲求の強い人間だ。働いてからさらにました気がするな。

 

それも吉と進めばプラスになるよね。

新人のうちは馬車馬のように働かないと。

心の借金

 

なんかもう他人と比べて疲れて自信なくして消えたくなったり...

もう嫌だ。

悪い癖。

 

誰かに私は◯◯してもらえなかった。とか

◯◯してもらえなかったから、今度は◯◯して欲しい。とか

 

心の借金を他人にぶつけるのももうやめよう。

 

みんな何かを我慢して生きてるんだ。

必ずしも私だけが損をしているわけじゃない。

みんな平等なんだ。

なにかができる人は才能じゃなくてほんとは見えないところでたくさん努力してるんだ。

努力したから物事ができるようになったという当たり前の原理が起こってるだけで。

 

なんか何を考えてもマイナスになりそうだから、リセットするためにも、

今日は実家に帰ろう。決めた。

 

 

うれしい思い出に縋って

うれしいことがあった。

 

仕事塾という社員のためのセミナーの運営委員に選ばれた!

仕事塾は著名人を会社に呼んで「しごと」について講演会をしてもらうこと。

編集長が選んでくれたのが何より嬉しかった。

2年目で私だけっていうのも嬉しかった。

 

何か成長につなげられるといいな。

前から一緒に仕事して見たかった先輩ばっかりだ。

 

今日は三茶でアポ終わって1時間くらい空きができたからサンマルクで作業してる。

電話ももうかかかっちゃったからどうしようかなぁ。

 

ちょっとのんびりしよっと。

 

明日もアポが3件。

最近はなんだかんだ仕事充実してる気がするなぁ〜〜。

さっさと貯金して、引越しするべし。

 

あらいさんの軍資金、無駄遣いしないように貯めなきゃ。

 

住むとしたらどこかなぁ〜〜

できれば小田急線がいいな。

確定でいいから世田谷区か渋谷区がいい。

チャリでいろんなところいけるといいなー。

なんて妄想ばっかりだ。

 

瑞江も広くて住んでて落ち着くし、静かでいいけどね。

 

毎日馬車馬のように働いて、やればやるほど仕事は楽しいけど無理するとやっぱり体に来るなぁ〜〜。しみじみ

 

今週は残業あまりできないけど、限られた時間の中で頑張ろうっと!

 

 

 

さようなら

半年たつのであらためて。

 

たくさんたくさんありがとう。

こんなに突然にさようならになるなんてちっと思っていなかった。

出会いがあればさよならもある

大人になればなるほどたくさんある。

みんな等しく歳をとるから。

だから永遠に一緒にいれることなんてありえない話なのだ。

それでも一緒にいることを当たり前と思ってぜんぜん会いに行かなかったりで。

会えることが当たり前だと思ってはならないんだと思った。

 

おばあちゃんがいなかったら私はいなかった

お父さんお母さん可愛いいとこ達や弟

ともだち、たつやに会うことはなかったんだ

 

だからすごくありがとうを言いたい。

年末に会った時には他愛のない話をした。

おばあちゃんは爪切りを切りづらそうにしていたから私は切ってあげた。

ありがとうと言って喜んでいた。

あれがおばあちゃんに触ったのは最後だった

 

おばあちゃんは本当に死んでるように見えなくて、スヤスヤ寝ているようだった。

会いにきてくれた人もたくさんいて、

おばあちゃんはいろんな人に愛されて幸せ者だな。って思った

愛される価値のある素敵な人だった。

 

失ってあらためて思い知らされる。

永遠なんてないんだから今のあなたを愛そうって。

 

 

 

 

 

 

檸檬の頃

柑橘系のものを欲してしまう季節になりました。身の回りの香りや食べ物、飲み物まで。

夏の暑い日は飲み屋よりも喫茶店の気分。

コーヒーが飲めるようになったのも社会人になってからだったな〜。

 

最近はレストランチームなのに食とお酒に詳しくないのが残念だなぁと思ったので日本酒の勉強をしようと思いました。

 

唎酒師って2日の合宿で取れるらしい。

日本酒好き!ってわけでもないけど嫌いじゃないし奥が深くて面白そうだからちょっと勉強してみようかなって思った。

 

大人の女性になるぞ23歳2017年

 

結局諸々込めてモテてぇ...

 

まあそんなことはさておき、時間があるうちにいろんなことを知ってていろんなことができる女になってたいんですよね。

 

もう彼氏のこと考えたらばっかりするのやめる。

そんなちっさい世界やめる

 

やめる

 

 

 

無性に

腹が立った。

せっかく楽しい送別会だったのに

すごく悲しかった

 

努力してとった賞のつもりだったけど、

やっぱり他の人には認められてなかったのかな〜とか、すごく思った。

 

早くまた結果出したい。

負けたくない

悔しい

 

何か仕掛けたい

漠然としたビジョンを考えるのはやめたい

具体的にきて発言するしかない。